「伝える」を、羽ばたかせたい

屋号の由来&ごあいさつ

「ハーモニクス」の由来は、代表の浅利圭一郎が演奏するチェロをはじめとする弦楽器の奏法で、弦のある特定の場所を軽く触ると鳴る倍音・調和音の「harmonics」から。
人や物事を通じての縁を大切に、たしかな仕事を通じて、想像を超えた広がりや効果を生み発信していけたらとの願いを込めています。

おもな事業は下記の通りですが、「取材とライティング」「文章の書き方とPRブランディング講座」「広報PR代行」「LGBTダイバーシティ講座とそれら取り組み支援」です。拠点は札幌ですが、出張やオンラインのやり取りなど首都圏をはじめ地域を問わず請け負えますので、お気軽にご相談くださいませ。

©Wagatsuma Naoki

チェロの門下発表会演奏時の様子
©Araki Hitoshi

代表プロフィール

浅利 圭一郎(Asari Keiichiro)

1975年北海道札幌市生まれ。法政大学経済学部を経て文学部史学科卒業後、株式会社神戸新聞社入社。販売局企画開発部での勤務後、伝え手に専心すべく退社。地元札幌でコミュニティFMの平日情報番組パーソナリティ、「HO(ほ)」創刊時の編集記者として勤めたのち、2007年よりフリーランスとして活動を開始。

月刊誌「O.tone(オトン)」編集担当や、タウン誌、WEBメディア、企業や自治体パンフレットの企画取材執筆などのほか、記者としては、発達障害やひきこもり、一票の格差などをテーマに取材執筆を行い、一票の格差では2014年9月に著書「決めごとのきまりゴト〜1人1票からはじめる民主主義」(旬報社)を上梓。その後、株式会社十勝毎日新聞社札幌常駐記者として、地域面や一般記事などで約1,200本の記事を企画取材執筆。2021年にハーモニクスを起業、現在に至る。

©Wagatsuma Naoki

チェロの門下発表会演奏時の様子
©Araki Hitoshi

おもな業務実績

企画・取材・執筆・編集

  • ・「十勝毎日新聞」(一般記事、週刊軟派面&政経面、電子版全般での企画取材執筆記事数は約1,200本。週刊政経面と電子版では、約2年にわたり最先端の医療を担う医師への月一インタビュー連載「札医大の研究室から」の取材撮影執筆も担当)
  • ・市町村勢要覧(北海道恵庭市、えりも町、新篠津村)
  • ・企業、学校、病院、スポーツクラブ、店舗の案内や発行物多数(概要・経営者や社員インタビューなど全般)
  • ・「O.tone」(第1,2特集、旅ルポ、コンサルタント原悟克氏ホストの「ガチバトル」、吉田類の酒チェン、広告記事ほか)
  • ・北海道マラソン大会紹介本(株式会社あるた出版が請負)
  • ・「北海道の病院」(北海道新聞社)

著書
(企画・取材・執筆・編集)

「決めごとのきまりゴト~1人1票からはじめる民主主義~」(旬報社)

http://www.junposha.com/smp/book/b317157.html

決めごとのきまりゴト~1人1票からはじめる民主主義~

取材・執筆

「月刊ホームルーム」(発達障害とひきこもり~人の関係性は協同体でこそ育まれる~)

「KAI」(特集・人物インタビュー・連載もの)

「週刊朝日」(北海道関連事件)

「poroco ポロコ」(飲食店特集)

「じゃらん」(飲食店・旅特集)

「北海道ウォーカー」(飲食店・旅特集・広告記事)

 ほか

事業内容

各種メディアでの
企画・取材・ライティング・
編集業務

伝え手として約20年、いくつかの働き方と媒体で編集者やライター、ディレクターとして業務してきた経験から、前例にとらわれないフレキシブルでニーズに合致した制作を約束します。
取材記事やインタビュー、自社のWEBサイトやパンフレット向けの企画やライティングはもちろん、 提携するプロのフォトグラファーやデザイナーとチームで媒体制作を一括受注することも可能です。

企業や団体、個人向け
ライティング・ブランディング講座

「ある程度まで文章は書けるけど、これで良いの?」
「あと一歩、パンチの効いた表現で宣伝したい」
「メディアに取り上げられるプレスリリースってどう作れば良いの?」
企業経営者やPR担当者をはじめ、このようなお悩みを抱える方は記者時代に知り合ったなかにも数多くいらっしゃいました。自社サイトや媒体や内外向けの寄稿、メールマガジンなどあらゆる機会に求められる文章の書き方、キャッチコピーの付け方、メディアに取材されやすくなるプレスリリースの作り方とアプローチの方法などを、少人数またはマンツーマンで、出張またはオンラインで丁寧にレクチャーします。

企業や団体の広報PR代行業務

東京の中小企業では、フリーランスなど外部に広報業務を委託するケースは珍しくありませんが、北海道をはじめ地方都市では総務担当者が兼務している現状が多く見られます。
本来、組織の命運を握るといってもよい広報業務は専従が必須の重要なセクション。 わかってはいるけれど、「専従で広報担当者を置く余裕が…」とか「広告代理店に依頼するには予算が…」という場合も、それらよりもはるかに安価でニーズに応じたピンポイントでのアウトソーシングが可能ですので、ぜひご相談ください。
これまで記者や編集者として各種企業や団体を取材対象とし、広報担当者と数多く接してきたことで、「広報(PR)戦略に必要なもの」を習得してきました。ニューストピックになりうるにはどういった情報や対応が必要か、メディア側での経験をもとに広報対応を代行いたします。

宣伝費なしでPRが可能な「プレスリリース」~取材されるためのツールで勝ち抜こう~

LGBTとダイバーシティセミナーの
企画・講師、同取り組みへのアドバイザー業務

2015年春より、井上税務会計事務所(札幌)が企業経営者や人事総務担当、一般向けに開催する無料セミナーシリーズの一環として、同年代の弁護士や活動家とともにLGBTとダイバーシティセミナーの企画・登壇メンバーとして参画。
伝え手の職能とLGBT当事者の観点から、これまでに外部委託のセミナーを含めて40回以上講師を担当してきたノウハウをもとに、企業や団体、学校などあらゆる場所でのLGBTとダイバーシティ(多様性)について、具体的な事例や必要な取り組みなどについて解説します。また、以後の相談にも対応します。

お問い合わせ

お名前
Mail(半角)
お問い合わせ内容

 

 

〒001-0010
北海道札幌市北区北10条西3丁目23番地1 THE PEAK SAPPORO 1階 BIZcomfort札幌